〒371-0805 群馬県前橋市南町2-10-10 ●JR両毛線「前橋」より徒歩15分
  • 特大
  • 大
  • 標準

ピロリ菌外来について

ピロリ菌とは

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は胃粘膜に生息する細菌で、1982年に、オーストラリアのマーシャル先生とワーレン先生が発見しました。2005年彼らは、この業績によりノーベル賞を受賞しました。ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍、胃癌などを引き起こすとされています。
日本では、中高齢者の7~8割の方がピロリ菌に感染していますが、いままでは胃潰瘍または十二指腸潰瘍だったり、胃がんの内視鏡治療後の患者さんしか健康保険ではピロリ菌 の診断治療ができませんでした。それ以外、たとえば慢性胃炎だけでは検査も治療もできませんでした。 しかし最近の臨床研究によりピロリ菌の除菌によって胃癌の発生を予防できることが明らかになり、2009年の日本ヘリコバクター学会は潰瘍の有無に関わらずピロリ菌感染者は除菌すべきだと発表しました。そして2013年2月下旬より慢性胃炎でもピロリ菌の除菌が健康保険を使用してできるようになりました。

ピロリ菌外来

当院では患者さんの希望により保険診療によるピロリ菌検査・除菌を行っています。
目的は将来の胃がん発生予防のためであり、身内で胃がんの方が多い患者さん、慢性胃炎を指摘され胃がんが特に心配な患者さんは是非ご相談ください。
日本ヘリコバクター学会のピロリ菌感染症認定医が適切な方法で除菌治療を行います。

<対象者>
最近(6か月)の胃内視鏡検査で胃癌が否定されている方でピロリ菌除菌を希望される方

胃内視鏡検査を受けていない方は、慢性胃炎の診断のために治療に先立ち受けていただきます(健康保険、市の胃がん検診などで)。他の施設で行った内視鏡検査でも結構です。結果を持参ください。

1) ピロリ菌に感染しているかどうかの診断
血液検査(抗ヘリコバクター抗体)で行います。結果は1週間ほどかかります。

2) 除菌治療
2種類の抗生物質と胃薬を1週間服用します。ペニシリンアレルギーのある方は相談ください。 下痢や軟便になりやすく、除菌率は70-80%程度です。多くの場合、他の薬と同時に服用可。

3) 除菌判定
除菌治療が終了して、4週以上経過した時点で、便を調べて行います。

4) ピロリ菌の除菌不成功の場合
一部の薬を変更して再除菌することができます。

5) 再除菌の判定 3)を行います
慢性胃炎に対するピロリ菌除菌療法が保険適応になったため、従来からおこなってきた自費診療は、特殊な場合(3次除菌、ペニシリンアレルギーの方)のみ行います。ご相談ください。